スタッフ飯沼 退職いたします

この度、5年間働いたれんこん三兄弟を退職することになりました。11月より同じ茨城県内の畑作物を栽培する法人で新たなスタートを切ります。
思い起こせばきりがありませんが、れんこん栽培の現場を一目見た時から「この現場に関わらないと自分はきっと後悔する」と思い立ち、夢中でれんこんの現場で働く道を模索し始めました。
初めて田んぼに手を入れた時のドキドキ感、「全然掘れない」と途方にくれた瞬間は今でも鮮明に蘇ってきます。
押しかけで会社に入り浸り、​就活をせずにいた私に三兄弟から「働いてみるか」と言ってもらった時の「れんこんが仕事になるなんて!これからどうなるんだろうか..」とワクワク嬉しかった気持ちは忘れられません。
「アパート暮らしするなら空いてる部屋を使えよ」と温かく受け入れてくださった三兄弟のお父さんとお母さん。見ず知らずの私に毎日美味しいご飯を作って食卓をご一緒して下さり、長年培ってきた知識をお話ししていただいた時間は本当に貴重でした。日々覚えること、作業することでいっぱいいっぱいでしたが、この頃が一番現場作業に没頭できた時期だったんだなと今では懐かしいです。
 
れんこん三兄弟の強みである「飲食店の方と繋がり直販して行くスタイル」が年々規模拡大して行く中、現場の栽培面積もそれに応えるべく拡大して行きました。3年目に入る頃には拡大した現場をより充実させるべく、会社として外部からスタッフを雇用する動きが本格化しました。
同僚ができ、まず取り組んだのはそれまで宮本ファミリー+飯沼の「あうんの呼吸」で働いていたスタイルを一度壊して、外部雇用スタッフとの共有がスムーズに図れる形に再構築して行く作業でした。
この大きな変化の初動期に、会社が持つ外部との繋がり、そこへどんどん出て行く社風によって多くの方々と出会うことができ、意見交換する中で自分たちに会った変化を模索する仕組みができたと思っています。
変化を受け入れ、いつでも「よし、やってみよう」と励まし続けてくれた三兄弟と、次に続いて共に前進し続けてくれた若き同僚たち、急激に変わって行く現場に意見を出し続け、力を貸してくださったパートさんたちに感謝しています。
地道に続けて来たリクルート活動の成果が現れ、若い優秀なメンバーが会社を盛り上げてくれている今期、急激な変化の流れも一旦落ち着きを見せています。今までおろそかにしていた事に取り組める環境ができつつあるのを感じていました。「さあ次は何をしようか」と考えた時に、これまでのようにアイデアが浮かんで来ない自分がいました。
その時、直感的に「働く環境を変えるべきなのかな」と思い始め、兄弟に相談しました。当初はとても心配してもらいましたが、面談を重ねるにつれて「これでウチとさよならじゃないから、また戻って来れるくらい円満に退職して、繋がっていれば農業界はきっと盛り上がると思うよ」と背中を押してもらうようになり、大きく一歩を踏み出す事ができたと思っています。
 
5年間あっと言う間でした。自分が会社の大きな変革期に関われたこと、次の若い力が変化した環境で活躍している姿を誇りに思います。
私を成長させてくださったお取り引き先の飲食店の方々、異業種・同業の方々にこの場を借りて感謝の気持ちをお伝えできればと思います。
ありがとうございました。これからも同じ農業界でさらに成長して行きます。
​                         2016/10/24 飯沼学

 

所在地:茨城県 稲敷市 浮島

 

© 2016 renkon3kyodai Co.Ltd

Collaborated with..


 

Miyano Akiko        

 / Photos by Nomachi Taiyo